top of page
  • 富士彩クリニック

巻き爪の治療

更新日:1月30日

陥入爪(巻き爪)があっても痛みや感染を起こさなければ

必ずしも治療が必要なわけではありません。

まず爪を伸ばすことを勧めています。両側の爪が食い込んだ部分を皮膚より少しだけ長く伸ばすことが大切です。

両端をその長さまで伸ばすと爪の真ん中はさらに長くなり靴に当たってしまうので真ん中の部分はできるだけ切るようにします。

つまり爪は丸く切るのではなく四角く切るのが大事です。

陥入爪で悩んでいる方は、爪の両端が食い込むので両端を短く切ってしまいがちですがその場合爪が伸びる際に皮膚に食い込んで刺さってしまいます。

その為、爪が刺さらないところまで伸ばしてしまえば食い込んでいても感染する頻度は減ります。

 

当院では、ワイヤーで矯正治療を行っています。











※成功例であり矯正後すべての巻き爪がこのような結果になるわけではありません。

 

根治治療ではないので矯正が終わったらクリップで維持します。

 

【料金】

ワイヤー矯正 初回 5,500円(税込)    

※別途カウンセリング料と処置料がかかります


2回目以降はカウンセリング料と処置料









    


Commenti


bottom of page